鳥取のスポーツ(野球・バスケット・ラグビー・卓球・テニス・柔道・剣道・バレー)情報探すなら鳥すぽネット!!
各種大会情報・スポーツイベント情報が随時ご覧頂けます。 鳥取県民の鳥取県民によるスポーツ情報サイト「鳥すぽネット」!!

7月, 2016年

第42回鳥取県中学校総合体育大会ホッケー

2016-07-16

   ・・・・・・男子決勝
・・・・・・・3-0
八 頭中学校 8                 0 桜ヶ丘中学校
・・・・・・・5-0

男子 八頭中学校は2年連続2回目の優勝

 

・・・・女子決勝
・・・・・・・4-0
八 頭中学校 6                0 桜ヶ丘中学校
 ・・・・・・・2-0

女子 八頭中学校は2年連続2回目の優勝

第3回鳥すぽNEWS・東部総体新聞(10年目)今年も無事発刊

2016-07-13

IMAG0016--1

「第3回鳥すぽNEWS」と「東部総体新聞」(10年目)無事発刊することが出来ました。
東部のすべて小・中学生に、学校を通じ手元に届きます

第3回鳥すぽnet抽選プレゼント応募

2016-07-10

鳥すぽnetでは、ただいま実施中のプレゼント応募をご案内します。

今回は、BALLPARKさん協賛商品です。

image1

応募フォームは、バーナーをクリックして下さい。

12

ミズノ トートバッグ・・・・・・・・・・・・・・・1名
アンダーアーマー バックパック・・・・・・・・・・1名
ミズノ シューズケース・・・・・・・・・・・・・・1名
ハイゴールド 竹トレーニングバット・・・・・・・・1名
洗剤 泥スッキリ・・・・・・・・・・・・・・・・・1名

《募集 締め切り》
・・・平成28年8月10日
※当選発表は、平成28年8月15日当サイトで発表します。

平成28年度鳥取県高等学校総合体育大会(バレーボール)

2016-07-09

2016インター校)

優勝 八頭高等学校

2016インターハイに向けて

八頭高等学校バレーボール部主将

内山 美桜里

私たち八頭高女子バレー部は、大エースがいるわけでもなく、平均身長が高いわけではありませんが、粘り強さでは負けないつもりです。私にとっては高校に入学して初めての全国大会なので、会場の雰囲気に惑わされず、皆で繋いだ一球一球を大切に、泥くさいバレーで目の前の一戦一戦を全力で戦い抜きます。最高の笑顔をみんなに見てもらえるよう、チーム一丸となって頑張ります。

平成28年度鳥取県高等学校総合体育大会(新体操)

2016-07-09

インタ

優勝 鳥取西高等学校

私たちは短い練習の中でいかに効率よく本番1本でよい演技ができるか、頭を使いながら練習してきました。インターハイに向けて、今の新体操に必要な表現力を磨いて自分たちの世界観を作っていこうと思います。いつも支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、鳥取県の代表としての自覚と誇りを持ち、日々の努力を惜しまず頑張ります。

鳥取西高校新体操部 部長 成瀬友幾

 

 

東部総体2016 新体操優勝

2016-07-08

1

鳥取市立南中学校  新体操部コメント   部長 吉田 琴美
今回の東部総体は、ノーミスの演技で優勝することができました。練習では、色々な壁にぶつかりましたが、新体操部17人の力やたくさんの方々の応援で、それをのりこえてきました。そうしたたくさんの方々の応援や期待にこたえるためにも、どのチームにも負けないチームワークで、目標としている全国大会へいきます。

インターハイニュース今年も無事発刊

2016-07-07

IMAG0001

今年も、インターハイニュース無事発刊することが出来ました。

鳥取県の高校生23000人には、学校を通じ手元に届きます。

 

 

東部総体2016 柔道優勝

2016-07-07

八頭中女子写真

八頭中 女子 横野沙世

私たちは、今まで県総体入賞を目標に練習をしてきました。高校生と練習をするなどして、どんな人が相手でも「勝てない。」と思うのではなく、正々堂々と自分の全力を出しきった柔道ができるように取り組んできました。県総体では、その成果を十分に発揮し、それぞれが納得のいく試合ができるようがんばります。

総体新聞用 南写真

鳥取南中学校 柔道部
主将 清水 颯真
僕たち鳥取南中学校柔道部は、団体戦で五連覇を達成し、先輩方が築き上げた伝統を守ることができました。また、個人戦では、全員がベスト8以上に入り、七月に開催される県大会に出場することができました。これからも、「南中学校柔道部の心得」をしっかりと守り、県大会に向けて練習に励んでいきたいと思います。今後も応援をお願いします。

東部総体2016 剣道優勝

2016-07-06

男子団体優勝

【男子優勝校:桜ヶ丘中学校】 3年ぶり4回目の優勝
東部総体を終えて
桜ヶ丘中学校剣道部 主将 小谷豪大
この度の東部総体では、チームとして、とにかく気合いを入れて戦うことを意識して試合に臨みました。試合前のアップから、どのチームより早く、どのチームより大きな声を出すことを総体前から意識して調整してきたので、当日も試合への良い入り方ができたと思います。今年のチームは3年生主体のチームで、日頃の練習でもいろんな事を話し合い、互いに高め合ってきました。決勝戦では、先鋒がとても良い流れをつくり、その流れを止めることなく副将戦までつなぎ、大将戦の前に勝負を決めることができました。県総体でも今大会のような、チームの勢いを大切にして団体力を発揮できる試合を展開し、上位大会への切符を手にしたいと思います。

 

 

【女子優勝校:鳥取市立北中学校】    初優勝
東部総体を終えて
鳥取市立北中学校剣道部 主将 立山綾香
今回、私たち北中女子剣道部は、この東部総体で初優勝することができました。チームのほとんどが中学から剣道をはじめたメンバーでしたが、必ず優勝するという思いをつなぎ、部員全員の第一目標を達成することができました。
三年間の集大成。今まで共に練習してきた仲間と少しでも長く一緒に剣道ができるように、東部一位として県大会にのぞみ、次の目標である中国大会、さらに全国大会を目指しこれからも練習に励んでいきます。

女子個人戦入賞1

男子個人戦入賞

働くお父さん、お母さんのサポート「病児保育室とくよし」

2016-07-05

DSC_0259[1]

病児保育室とくよしでは、「社会全体を支え、助け合うコミュニティを創造する病児保育を目指す」ことを理念として、「安心安全に努める、笑顔をたやさない、相手を尊重する」を3つの行動指針として運営しています。

予約の流れ
朝7時半から受付をしています。
栄町クリニックを受診(朝の8時から受診できます)
病児保育室にお子さんと一緒に入所
保育士に、お子さんの病状を伝える(薬がある場合、口頭で伝えてください。)

利用対象者は、0歳児(3か月以上)から小学校6年生です。利用者は平均で4人くらいです。小学校5年生も利用したことがあります。小さい子どもたちへの関わりも見られて、お兄さん、お姉さんという優しい一面が見られます。
保育士は、小学生以下の子供たちを見ることが多いと思われますが、小学生のお子さんも見ることができます。

「病児保育とくよし」の特長
フォトメール
保護者の方に同意していただいた上で、保護者の携帯アドレスにお子さんの様子を添付画像付きメールを1日2回配信しています。とても好評です。

病児保育室と、栄町クリニックと、徳吉薬局とで連携がとれていて、受入れもスムーズにできますし、薬の服用も安心安全に飲めるように気をつけています。また、急変対応や具合が悪くなったときの医師の往診態勢も整えています。

日々の看護日誌を細かく付けていて、その日にあったことを保護者の方とコミュニケーションをとりながらお話しています。

DSC_0257[1]

1465907479732[1]

« Older Entries