30回記念山陰中央新報社杯鳥取市熟年ソフトボール選手権

7月28日(倉田スポーツ広場)
 鳥取市熟年ソフトボール連盟(田村純一会長)は、30周年記念山陰中央新報社杯鳥取市熟年
ソフトボール選手権の準決勝、決勝を行った。世紀が優勝し、岩倉が準優勝し、3位に面影と津ノ井
となった。表彰式は8月10日の同連盟の記念式典の席上で行われる。

準決勝①
主審・三島陽治(津ノ井)
 面 影 0 1 1 4 0 0 0 | 6
 岩 倉 7 2 1 0 1 0 x |11
(面)●平家ー小屋本功 (岩)○山下ー村田
▽本塁打 徳田(面)小林、吉田、村田(岩) ▽三塁打 徳田、間庭(面)
▽二塁打 井関、福井、徳田(面)吉田(岩)
【評】岩倉が初回、相手のミスを絡めて大量点をいれ、追いすがる面影を山下投手の要所を
締める投球で逃げ切った。(世紀・多田謙二)

準決勝②
主審・岩井清人(岩倉)
 世 紀 2 0 0 0 1 0 2 | 5
 津ノ井 0 0 0 0 1 2 0 | 3
(世)○野藤ー永原 (津)●竹尾ー福田徹
▽本塁打 中村(世) ▽三塁打 西尾(世)松本、竹尾(津)▽二塁打 米村(世)
【評】津ノ井竹尾投手の13奪三振の力投も空しく、世紀が最終回に米村、西尾の
長打で勝ち越し、接戦を制した。(面影・六條洋司)

決勝
主審・西村賢治(大会本部)
 世 紀 2 0 0 0 4 1 | 7
 岩 倉 0 2 1 3 0 0 | 6 (6回時間切れ)
(世)野藤、多田、○野藤ー永原 (岩)●山下ー村田
▽三塁打 西尾、山根(世)村田(岩)
【評】両チームエースの対決は、シーソーゲームとなり、最終回、世紀が山根の
三塁打を足がかりに決勝点をあげ、2連投の野藤投手の粘りでしょうりした。
(事務局・権田謙一)

次試合日程(公式戦⑧)
8月4日・倉田スポーツ広場
第1グランド               第2グランド
① 世 紀 × 日 進   8:00  ① 若葉台 × 岩 倉
② 稲葉山 × 湖山西  9:30  ② 面 影 × 久 松
③ 城 北 × 美 保 11:00  ③ 砂 丘 × 米 里
   休み  津ノ井  12:30  ④ 末 恒 × 美保南

公式戦⑦

7月21日(倉田スポーツ広場)
①主審・古田真治(日進)
砂 丘(2-4) 2 1 1 1 0 0 0 | 5
城 北(6-1) 5 3 0 1 0 0 x | 9
(砂)●松原(1-3)田村ー瀧 (城)〇藤井(4-0)-岡本
▽本塁打 平野2号(城) ▽三塁打 西村茂(城) ▽二塁打 瀧(砂)石母田(城)
【評】前半でリードした城北だが、小刻みに得点して粘る砂丘を振り切った。
(若葉台・矢引伸一)

②主審・山根康寛(米里)
美 保(3-3) 3 2 9 0 1 |15
世 紀(5-2) 3 3 6 0 2 |14 (5回時間切れ)
(美)〇森田(2-2)-田川 (世)●多田(2-1)-森岡
▽本塁打 前村4号、谷口博1号(美)西尾1号、森岡1号、小林1号(世)
▽三塁打 鹿田(世)▽二塁打 富村、谷口博(美)西尾、森岡、小林、大西、
鹿田(世)
【評】5本塁打含む長打合戦となったが、美保の方が有効打が多く接戦をものにした。
(面影・六條洋司)

③主審・西村賢治(砂丘)
日 進(1-5) 1 0 1 0 0 | 2
若葉台(5-2) 1 7 4 0 x |12 (5回コールド)
(日)●上田(1-4)-田村 (若)〇松原(4-2)-矢引
▽三塁打 浅田2、田中(若) ▽二塁打 甲山3(若)
【評】若葉台が浅田、甲山の長打と松原投手の散発4あんだの好投で圧勝した。
(城北・権田謙一)

④主審・米山浩(美保)
面 影(1-6) 4 0 3 1 0 | 8
米 里(6-1) 3 6 1 1 x |11 (5回時間切れ)
(面)●平家(0-2)-小屋本功 (米)〇田中(3-0)岡田ー村下
▽本塁打 小村2号(米) ▽三塁打 前田(米) ▽二塁打 小屋本功、間庭(面)
村下、栗本(米)
【評】米里は2回に小村の本塁打などで逆転し、田中、岡田の継投で逃げ切った。
(世紀・多田謙二)

⑤主審・竹田政男(湖山西)
久 松(4-2) 2 1 6 8 0 0 0 |17
稲葉山(2-5) 0 0 0 8 0 5 0 |13
(久)〇杉野(1-0)-松本 (稲)●米山肇(2-3)
▽本塁打 椋田2号(久) ▽三塁打 杉野2、新和(久) ▽二塁打 西本、新和2、
松森(久)小林2、米山明、前田、長谷川2(稲)
【評】序盤、久松が得点を重ね、後半は稲葉山が追い上げる展開になったが、一歩
届かなかった。(末恒・田中実裕)

⑥津ノ井(5-2) 不戦勝 美保南(1-5)
⑦末 恒(1-6) 不戦勝 湖山西(1-5)

次試合日程
山陰中央新報社杯鳥取市熟年ソフトボール選手権
(7月28日・倉田スポーツ広場第2)
準決勝
 8:00 岩 倉×面 影
 9:30 津ノ井×世 紀
決 勝
11:30

次試合リーグ戦(公式戦⑧) 8月4日・倉田スポーツ広場
第1グランド             第2グランド
① 世 紀 × 日 進  8:00 ① 若葉台 × 岩 倉
② 稲葉山 × 湖山西  9:30 ② 面 影 × 久 松
③ 城 北 × 美 保 11:00 ③ 砂 丘 ×米 里
    休み 津ノ井  12:30 ④ 末 恒 × 美保南

公式戦④

7月14日(倉田スポーツ広場)
①主審・長谷泰彦(美保南)
津ノ井(4-2) 5 0 1 0 2 1 | 9
米 里(5-1) 0 0 0 0 0 0 | 0 (6回時間切れ)
(津)〇竹尾(2-1)-福田徹 (米)●岡田(2-1)-村下
▽三塁打 香河(津) ▽二塁打 松本(津)小村、岡田(米)
【評】津ノ井竹尾投手が要所を締めて、散発3安打の完封勝利した。
(久松・尾崎澄夫)

②主審・米村勝己(世紀)
日 進(1-4) 0 0 1 0 0 | 1
美 保(2-3) 4 4 4 4 x |16 (5回コールド)
(日)●安田(0-1)-田村 (美)〇森田(1-2)-田川
▽本塁打 河本1号(日)前村2号、3号(美) ▽三塁打 谷口博(美)
▽二塁打 前村、壱村、谷口博(美)
【評】美保は1、2回に前村の連続本塁打などで毎回得点して大勝した。
(稲葉山・谷口昌明)

③主審・香河義人(津ノ井)
久 松(3-2) 2 1 16 7 |26
美保南(1-4) 2 0 1 1 | 4 (4回時間切れ)
(久)〇米田(2-1)-小西 (南)●松本(0-3)山下ー福本
▽三塁打 松森、寺崎(久)長谷(南) ▽二塁打 新和、小西2、藤内(久)
西村忍(南)
【評】久松は相手投手の制球難に乗じて、19安打の猛攻で圧倒した。
(米里・谷口清)

④主審・古田真治(日進)
世 紀(5-1) 4 0 0 0 0 1 0 | 5
稲葉山(2-4) 2 0 0 6 0 0 x | 8
(世)●野藤(3-1)-永原 (稲)〇米山肇(2-2)-尾崎
▽本塁打 長谷川1号(稲) ▽三塁打 中村、鹿田、米村(世)米山明(稲)
▽二塁打 西尾(世)
【評】稲葉山は米山の好投と4回長谷川の満塁本塁打などで大量点をいれて、全員で
守り切った。(美保・野坂清志)

⑤主審・福田好和(若葉台)
岩 倉(6-0) 4 7 0 0 8 |19
砂 丘(2-3) 0 0 0 0 1 | 1 (5回コールド)
(岩)〇加藤(2-0)-村田 (砂)●松原(1-2)安田ー横田
▽本塁打 中原1号、2号(岩) ▽三塁打 村田2、小林(岩)
▽二塁打 村田2、武田、岩井、城戸(岩)横田、坂本(砂)
【評】岩倉が中原の2本塁打など20長単打で大量点をいれ、加藤の無四死球の
好制球で圧勝した。(面影・六條洋司)

⑥主審・武田浩二(岩倉)
若葉台(4-2) 3 3 4 0 4 |14
面 影(1-5) 3 0 0 5 1 | 9 (5回時間切れ)
(若)〇松原(3-2)-矢引 (面)●竹内(1-3)-小屋本功
▽本塁打 小川2号(面) ▽三塁打 平家、井関(面)
▽二塁打 石破2、甲山、安部(若)竹内、小川、間庭(面)
【評】小刻みに得点を重ねた若葉台が、松原の粘投で面影の反撃を抑えて
逃げ切った。(砂丘・瀧寿美雄)

⑦城 北(5-1) 不戦勝 末 恒(0-6)

次回試合日程(7月21日 倉田スポーツ広場・公式戦⑦)
第1グランド       試合開始時刻    第2グランド
① 砂 丘 × 城 北    8:00      ① 美保南 × 津ノ井
② 日 進 × 若葉台   9:30      ② 米 里 × 面 影
③  美 保 × 世 紀  11:00      ③ 久 松 × 稲葉山
    休み  岩 倉   12:30      ④ 湖山西 × 末 恒