公式戦⑭

10月26日(倉田スポーツ広場)
①主審(西村賢治)
面 影(8-5) 9 1 0 7 7 |24
日 進(4-8) 0 1 0 10 5 |16 (5回時間切れ)
(面)○小屋本則(6-2)、木下ー小屋本功 (日)●安田(0-3)-田村
▽本塁打 徳田5号、6号、小屋本功2号、間庭1号(面)▽三塁打 古田(日)
▽二塁打 木下2、福井2、間庭(面)河本、古田(日)
【評】面影が初回から4本塁打を含む長短打25本の猛打で、制球に苦しむ
投手陣を助けて、追いすがる日進を振り切った。(遷喬・河田英明)

②主審(三島陽治)
岩 倉(2-10) 4 0 9 2 |15
米 里(6-7) 3 7 6 x |16 (4回時間切れ)
(岩)●小山(0-1)-岩井 (米)岡田、○光成(1-0)-村下
▽本塁打 小山1号(岩)小村1号(米)▽三塁打 小山(岩)栗本(米)
▽二塁打 寺西(岩)竹内、渡辺(米)
【評】乱打戦になり、逆転、又逆転のシーソーゲームとなったが、
最終回、岩倉が一歩及ばなかった。(美保南・山下秀明)

③主審(小屋本則雄)
遷 喬(3-9) 0 2 8 4 11 |25
城 北(8-4) 1 0 0 1 3 | 5 (5回コールド)
(遷)○長尾(2-3)-小西 (城)●石脇(0-1)-岡本
▽三塁打 中原2、山口2 ▽二塁打 小西、長尾、松森強、中原、浜口、谷口(遷)
馬場(城)
【評】遷喬が四死球を絡めた20安打の猛攻で、圧倒し、長尾投手の力投でコールド
勝ちした。(日進・田村誠)

主審(武田浩二)
美保南(1-11) 5 7 8 9 |29
砂 丘(5-7) 0 0 2 4 | 6 (4回時間切れ)
(南)○山下(1-4)-福本 (砂)●田村(0-1)、前田幸ー横田
▽本塁打 吉田1号(南) ▽三塁打 松本、山下、長谷(南) ▽二塁打 長谷、福田
松本(南)三島2、伊田(砂)
【評】吉田の本塁打で先制した美保南は、その後も相手投手の制球の乱れに乗じて、
適時打を重ねて大量得点して、今季初勝利。(米里・谷口清)

⑤主審(矢谷英次)
久 松(4-8) 1 0 0 0 0 | 1
津ノ井(11-1) 2 8 5 2 x |17 (5回コールド)
(久)●新和(3-4)-油井 (津)○有本(2-1)-福田徹
▽本塁打 松本2号(津) ▽二塁打 椋田(久)松本2、香河、三島陽2、岡本(津)
【評】初回から打線が繋がりを見せた津ノ井が毎回得点し、有本投手の投球も冴えて、
圧勝した。(美保・野坂清志)

⑥主審(米山浩)
稲葉山(5-7) 2 2 0 0 2 | 6
美 保(9-3) 1 7 12 4 x |24 (5回コールド)
(稲)●尾崎(0-1)-前田 (美)○谷口敏(3-1)-野坂
▽本塁打 平田4号(美) ▽三塁打 前田(稲)重森(美)▽二塁打 谷口(稲)
中尾2、藤岡、野坂(美)
【評】12四死球に、19本の長短打絡めた美保が、毎回得点で大勝した。(津ノ井・三島裕司)

⑦若葉台(10-2) 不戦勝 湖山西(8-4)

次試合日程(公式戦⑩)
11月2日(倉田スポーツ広場)
第1グラウンド          第2グラウンド
①砂 丘 × 津ノ井 8:00 ①美保南 × 美 保
②世 紀 × 面 影 9:30  ②若葉台 × 久 松
③岩 倉 × 湖山西 11:00 ③稲葉山 × 遷 喬
              2:30 ④城 北 × 日 進

公式戦⑮

10月19日(倉田スポーツ広場)
①主審(森岡幸一)
津ノ井(10-1) 4 0 1 0 0 0 0 | 5
若葉台(9-2) 0 0 0 0 0 0 1 | 1
(津)○竹尾(9-0)-福田徹 (若)●田渕(4-1)-矢引
【評】津ノ井が初回に、相手の守備の乱れに乗じて先制し、竹尾の力投で
優勝戦線をものにした。(日進・森本栄)

②主審(多田謙二)
面 影(7-5) 2 4 2 5 0 3 |16
久 松(4-7) 2 2 6 3 0 2 |15 (6回時間切れ)
(面)小屋本則、○竹之内(1-2)-小屋本功 (久)●門脇(0-1)、油井ー油井、明場
▽三塁打 小屋本功(面)椋田(久) ▽二塁打 六條2(面)
【評】点の取り合いとなったが、最終回に、一死満塁のピンチをしのいだ面影が逃げ切った。
(砂丘・瀧寿美雄)

③主審(岡本宏志)
日 進(4-7) 0 0 1 1 4 0 | 6
美 保(8-3) 3 0 3 4 2 4x|16 (6回コールド)
(日)●安田(0-2)-田村 (美)○森田ー森岡、藤岡
▽本塁打 前村3号、4号、5号、中尾1号、藤岡1号(美) ▽二塁打 古田、井上(日)
平田、前村、谷山、重森(美)
【評】前村の3本を含む5本塁打で優位に試合を進めた美保が、森田の要所を締める投球で
コールド勝した。(若葉台・矢引伸一)

④主審(小屋本則雄)
砂 丘(5-6) 0 0 0 0 0 0 | 0
世 紀(7-5) 1 0 0 2 4 3x|10 (6回コールド)
(砂)●松原(3-5)-三島 (世)○野藤(4-4)-寺西
▽本塁打 寺西2号(世) ▽三塁打 鹿田、中村(世) ▽二塁打 中江(世)
【評】世紀は、相手のミスに乗じて得点を重ね、6回には寺西の3ランでサヨナラコールド勝。
野藤投手が2安打、無四死球で完封た。(久松・尾崎澄夫)

⑤岩 倉(2-9) 不戦勝 美保南(0-11)

⑥米 里(5^ー7) 不戦勝 稲葉山(5-6)

⑦湖山西(8-3) 不戦勝 城 北 (8-3)

次試合日程(公式戦⑭)
10月26日(倉田スポーツ広場)
第1グラウンド          第2グラウンド
①日 進 × 面 影  8:00 ①岩 倉 × 米 里
②城 北 × 遷 喬  9:30 ②砂 丘 × 美保南
③若葉台 × 湖山西 11:00 ③久 松 × 津ノ井
            12:30 ④稲葉山 × 美 保

公式戦⑥

10月5日(市民スポーツ広場)
雨天のため、全7試合順延

次試合日程(公式戦⑮)
10月19日(倉田スポーツ広場)
第1グラウンド        第2グラウンド
①面 影 × 久松 8:00 ①津ノ井 × 若葉台
②美保南 × 岩 倉 9:30 ②美 保 × 日 進
③世 紀 × 砂 丘 11:00 ③米 里 × 稲葉山
             12:30 ④湖山西 × 城 北