バレーボール

『楽しんで勝つ!』 鳥取商業女子バレーボール部

天皇杯皇后杯 鳥取県ラウンド優勝写真
キャプテン  梅實 唯
私達鳥取商業高校女子バレーボール部は『楽しんで勝つ!』をモットーに、部員二十二人で日々練習に励んでいます。休日の外部コーチの指導を元に、平日は生徒中心で練習メニューを考えながらおこなっています。限られた時間で、いかに集中して質の高い練習にしていくかが、勝敗の分かれ道であると私は思います。生徒同士で指摘し合いながら全力で自分を追い込み、一人ひとりが目標を持って一番になろうと努力することで、勝利につながると信じて全員が気持ちを切らさないように一つにして、練習してきました。その結果、目標としていた『優勝』を、この度の『天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会鳥取県ラウンド』で達成することができました。
夢や目標を高く持ち、毎日の練習で少しだけでも意識を変えることで必ず結果がついてくる…そう信じて…!
小中学校の皆さんも、より高い目標を持ち、それに向かって自分達の可能性を広げ、より一層の躍進をしてほしいと思っています。

一年生  鈴木 愛
私は、鳥商女子バレー部の部員として日々練習に励んでいます。私達の部は、バレーに必要な体力・筋力などウエイトやトレーニングをして基礎からしっかり身に着けることができます。
練習では、一人一人が自分から声を出し、最後までボールを追いかけています。しんどい練習も多いですが、チームメイトが声をかけてくれるので苦しくてもやり抜くことができます。
また、中学校の時以上にチームメイトと過ごす時間が長くなるので、自分のことだけでなく、仲間のことも考えて動かないといけません。だから、てきぱきと先のことを考えて行動することが必要だと思います。それが、チームへの勝利や心を一つにして試合に臨めることにつながってくると思います。
皆さんも自分のことだけでなく、相手の気持ちも考えて動き、勉強や部活動を頑張ってください。私たちも頑張っていきます。

一年生  米村さつき
私は、鳥商女子バレー部に入部し、先輩方とともに練習をする中で日々多くのことを学んでいます。高校生になり、練習量や練習内容など多くの場面で中学校との違いを改めて感じる毎日です。つらい練習もたくさんありますが、その都度先輩方の目標に向かって頑張っている姿を見て、後輩である私達も刺激を受け、もっと頑張ろうという気持ちになります。
六月十日に行われた天皇杯・皇后杯の鳥取県大会では、チームの目標であった『優勝』を成し遂げることができました。優勝することができたのは、目標をかなえたいというチームの思いが一つになり、日々の努力の積み重ねで優勝を勝ち取れたのだと思います。皆さんも、仲間を大切にしてお互いを高め合い、チームの目標に一歩でも近づけるように頑張ってください。

  • zeroスポーツ
  • 株式会社KODANIきっぺい
  • オリジナルプリント株式会社パレット
  • 住工房
  • 東進ゼミ
  • アフタースクール
  • 個別指導Beemyself
  • 進学塾ビー・ゼミナール