陸上・駅伝

鳥取気高中学校 陸上部

三年間の部活を通して
田中悠太.jpg(圧縮)
田中 悠太
僕は三年間百メートル走の選手をやってきました。部活は、毎日ていねいにやり、家に帰ってからも筋トレをしました。でも、大会で結果を残すことはできませんでした。しかし、この陸上部に入れてよかったと思っています。先輩後輩関係なく仲良く、仲間と競い合って自分を高め合うことができ、とてもいい部活だったと思っています。
陸上部で学んだこと
福田悠翔.JPG(圧縮)
福田 悠翔
僕は一年生の時はハードルをして、二年生からは百メートルをしました。ハードルをするには体の柔軟性がとても重要で、家でストレッチをしたりしていました。二年生から百メートルを始め、日々の練習に励みました。大会で良い成績を残すことは叶わなかったけど、陸上部で学んだ多くのことを高校でも生かしたいと思いました。
陸上部での三年間
船本雄太.jpg(圧縮)
船本 雄太
僕は、百メートルを一年間、砲丸投げを二年間しました。主に砲丸投げの基礎練習に励み、家では筋トレもしました。こうした努力の積み重ねで、自己ベストを出すことができました。「あきらめなければ報われる。」僕は部活を通じてそのことを学びました。大会でライバルに負けることもありましたが、その後頑張って練習をしたら自己ベストを一ヶ月で2mも更新することができました。高校でも一生懸命頑張りたいです。
陸上で学んだこと
畑中晃新.jpg(圧縮)
畑中 晃新
僕は、三年間ジャベリックスローをしていました。普段の練習には真剣に取り組んできました。しかし一年生の時は「まだ一年生だから。」とか、二年生の時には「あと一年もあるのだから。」と心のどこかに緩みがあり、大会で力を発揮できませんでした。そしてあっという間に三年生の総体を迎えました。僕はこの二年半の部活を通して「気持ち」が大切なのだと思いました。何事も「気持ち」から入っていかないと練習に身が入らず、思ったような結果も出せません。これからの学校生活でも「気持ち」から入っていきたいです。
  • zeroスポーツ
  • 株式会社KODANIきっぺい
  • オリジナルプリント株式会社パレット
  • 住工房
  • 東進ゼミ
  • アフタースクール
  • 個別指導Beemyself
  • 進学塾ビー・ゼミナール