スキー・スケート

第44回鳥取県中学校総合体育大会(スキー競技)

20190122_161503559

 鳥取県中学総体スキー大会は1月9日より氷ノ山スキー場を会場に開催されました。中学総体スキー大会は、大山国体の頃より鳥取県高体連と合同で大会を実施しています。また近年は岡山県中体連・高体連とも協力し、4団体が合同で大会を実施しています。距離やコースが若干異なるものの高校生や岡山県の選手と競い、応援し合えるのは生徒にとっては大きな刺激になっていると思います。
スキーの競技人口は年々減少してきています。また3年生は受験シーズンと重なるため、やむえず欠場する場合もあります。今年度の場合、特にクロスカントリー男子において前年度全国大会出場者が軒並み欠場し、やや寂しいレースとなりました。受験と並行して頑張っている3年生には頭が下がる思いです。そんな中、中国大会と全国大会の出場をかけて熱戦が繰り広げられました。
中国大会は1月22日より氷ノ山スキー場で開催されました。県総体と同様で高体連と合同開催でした。大会では特に男子アルペンが健闘しました。大回転では椎木基覚(大山中)と芦澤海李(桜ヶ丘中)が優勝・準優勝を勝ち取りました。芦澤は回転では優勝し大活躍でした。女子アルペンでは中田仁子(大山中)が大回転で4位に入るなど健闘しました。
一方クロスカントリーでは特に女子が奮闘しました。フリーで内田恵(東山中)が2位、柴田舞花(日野中)が4位に入賞しました。クラシカルでは柴田が3位、内田が4位入賞しました。男子は3年生が欠場で1、2年生しかおらず、苦戦が予想されましたが河本仁がフリーで3位に入賞する健闘を見せました。
また忘れてならないのが1年生の奮闘です。クロスカントリーでは男子で浅田渓達(日南中)がクラシカルで5位、女子では小谷花実(日南中)がフリーで4位、栃本彩乃、以後天音、小林愛実(若桜学園)が8位入賞をはたしました。アルペンでは水口京汰(湖東中)、田代優太(鳥取南中)が10位以内に入りました。
鳥取県はかつてオリンピック選手も輩出したスキーが盛んな県です。これらの大会を通じ友情を深め競技力を向上し、生徒たちが大きく飛躍して欲しいと思っています。
image1
鳥取県八頭郡若桜町つく米 若桜氷ノ山スキー場(樹氷スノーピアコース)
【男子回転】
①椎木基覚(大山中)②芦澤海李(桜ヶ丘中)③田代 優太(鳥取南中)④加藤 怜(大山中)
⑤水口京汰(湖東中)⑥福田皓太(中ノ郷中)⑦廣瀬麻那斗(箕蚊屋中)⑧古田侑希(岩美中)
【女子回転】
①中田仁子(大山中)②兜山真希(大山中)③西岡妃菜(岩美中)
【男子大回転】
①椎木基覚(大山中)②芦澤海李(桜ヶ丘中)③田代優太(鳥取南中)④水口京汰(湖東中)⑤福田皓太(中ノ郷中)⑥廣瀬麻那斗(箕蚊屋中)
【女子大回転】
①内田南海(日南中)②中田仁子(大山中)③兜山真希(大山中)④西岡妃菜(岩美中)⑤塚口あかね(大山中)
鳥取県八頭郡若桜町つく米 若桜氷ノ山スキー場(クロスカントリー特設コース)
【クロスカントリー男子5kmフリーの部】
①河本仁(名和中)②淺田渓達(日南中)③奈羅尾瑞生(若桜学園中)④前住総一郎(若桜学園中)⑤内藤琳太郎(溝口中)⑥渡邊信(日南中)⑦山根永嗣(若桜学園中)⑧井口虎汰郎(若桜学園中)⑨山根知弥(若桜学園中)⑩西山瑛紘(若桜学園中)
【クロスカントリー女子3kmフリーの部】
①内田恵(東山中)②柴田舞花(日野中)③小谷花実(日南中)④栃本彩乃(若桜学園中)
⑤以後天音(若桜学園中)⑥小林愛実(若桜学園中)
【クロスカントリー男子5kmクラシカルの部】
①淺田渓達(日南中)②河本仁(名和中)③奈羅尾瑞生(若桜学園中)④前住総一郎(若桜学園中)⑤山根知弥(若桜学園中)⑥山根永嗣(若桜学園中)⑦井口虎汰郎(若桜学園中)⑧内藤琳太郎(溝口中)⑨渡邊信(日南中)⑩西山瑛紘(若桜学園中)
【クロスカントリー女子3kmクラシカルの部】
①内田恵(東山中)②柴田舞花(日野中)③小谷花実(日南中)④以後天音(若桜学園中)
⑤栃本彩乃(若桜学園中)⑥小林愛実(若桜学園中)
  • zeroスポーツ
  • 株式会社KODANIきっぺい
  • オリジナルプリント株式会社パレット
  • 住工房
  • 東進ゼミ
  • 進学塾ビー・ゼミナール