news

湖山ミニバスケットボール 男子

191015_2004_001

民谷智里 (キャプテン)
僕は、バスケを通してあきらめない心を学びました。どんなに疲れていても、どんな結果だろうとあきらめず全力プレーを続けます。中学校で頑張りたいことは、勉強と部活の両立です。どうしても一方にかたよってしまうので気を付けたいです。
僕たちにとっては最後の試合です。悔しさが残らないプレーをして、勝利につなげたいです。
杉岡流唯 (副キャプテン)
僕がバスケを始めたのは、1年生からで最初は、リングにもボールが届かなかったけどコーチや監督のおかげで今は、上手になりました。バスケを通じ最後まであきらめずやると、結果が付いてくることがわかりました。
中学校でもバスケをがんばりたいです。
岩田淳吾
僕は、二年生の終わりからバスケをやっています。今まで四年間バスケをやってきて学んだ事は二つあります。一つ目は、あいさつです。体育館に入る時と出る時に必ずあいさつをしています。二つ目は、最後まであきらめない事です。最後まであきらめなければ結果はわからないからです。
中学校でがんばりたい事は、リングが高くてもシュートをきめる事です。
橋本流世
僕は、バスケを通してチームワークの大切さを学びました。仲間を信頼することでシュートを1本でも多くねらえたり、ゲームをスムーズに展開できたりするのでこれからもそれを生かしてがんばりたいと思っています。
中学校では今よりも、もっとシュートを決めれるようにがんばりたいです。ドリブルも今より強くして抜けるようにしたいです。
  • zeroスポーツ
  • 株式会社KODANIきっぺい
  • オリジナルプリント株式会社パレット
  • 住工房
  • 東進ゼミ
  • 進学塾ビー・ゼミナール